画像の説明

お客様の声

2分でわかる

たった1日

喜びの声

売上のラットレース

初めまして。
私は、「利益モデル」の案内人、
利益モデル実践塾 塾長、経営コンサルタントの
永井 堂元(ながい たかゆき)と申します。

「利益モデル実践塾」を開校し、多くの経営者の方に
利益モデル、利益改善の方法をお伝えしながら、
私自身もビジネスをプロデュースし、自分のビジネスも
同時並行でいくつも行っています。

特に昨年は、TOEIC初心者に向けたスクール事業で、
「製品ピラミッド利益モデル」と
「スイッチボード利益モデル」、そして
「デジタル利益モデル」を融合させ、

半年間で売上1,654万円に対し、
実に純利益率50.1%の成果を出すことができました。

(これらの利益モデルが何かは、講座の中でご説明します。)

巷には、自分でリスクを取って、ビジネスをした経験もない
コンサルタントがたくさんいます。

そういうコンサルタントに仕事を依頼して、
ろくに売上が上がらず、損をしてしまった方もいることでしょう。

また、「とにかく売上を上げればいい」という
起業家・経営者、そしてコンサルタントも存在します。

「売上」だけを追い求め続けることで、
ひたすら「値引き」や「お願い営業」をし続け、
ビジネスを継続している方たちが本当に多いのです。

これはまるで、ハムスターが、おもちゃの歯車を回し続けるような
「売上のラットレース」にはまり込んでいるようなもの。

私には、ビジネスに対する1つの信念があります。

ビジネスを続けていく上で

経営理念?売上?人材? 
違います。

もっとも大切なこと、それは「利益」です。

利益なき経営理念は単なる「たわごと」であり、
利益のない売上は社員の疲弊を生みます。

利益のない会社に優れた人材は定着しません。

「利益」に視点を置くことで、優れた経営理念を生み出し、
「利益」のある会社は、やる気あふれる社員を生み出します。

経営では、利益をしっかり出してこそ、
人を雇ったり、設備に投資したり、

何かあった時のためのキャッシュを残しておく
(内部留保する)ことができるのです。

そんな思いで、私は「利益モデル実践塾」を主催し、
多くの経営者の方の利益UPをお手伝いしてきました。

あなたはこんなことで悩んで

[check] 毎日頑張っているけど、会社にお金が残らない

[check] まだまだ、売上にも利益にも納得のいく数字が残せていない

[check] 売上はあっても利益が少ない

[check] 忙しくて人を雇いたいけれど余裕がない

[check] 今のままでは先細り。自分のビジネスに、今までにない、全く新たな利益を生み出したい

毎日遅くまで、家族の顔もろくに見られずに、
仕事をがんばっているけれど、全然利益が出ていない。
会社にお金が残らない。

そんな起業家や経営者の方は、本当にたくさんいます。
もしかしたら、あなたもそうかもしれません。

もしそうならば、是非私の話を聞いてください。

どうやったら半年以内に

あなたはどちらがいいですか

もし最初の「利益モデル」が間違っている場合、登る山が違うようなもの。

最初に、利益の小さなモデルでビジネスを始めてしまうと、
いくら、その後のブランディングやセールスをがんばっても、
大きな成果を手にすることはできないのです。

「とにかく目の前の仕事をがんばる」
という考え方を変え、

「お金が入ってくる仕組みに、ビジネスを変えること」。

もちろん私は、ブランディング、マーケティング、
商品・コンテンツ、セールス、サポート&リピートについても
改善案を出すことができます。

しかし、根っこである、一番大事な「利益モデル」。
ここに良い変化を与えられれば、業績(つまり利益)が
短期間で飛躍的に改善されることも珍しくはありません。

だから私は、まず「利益モデル」を考えるのです。

なぜ50もの異なる

業種が全く違う。
「特殊な世界」と言われる業界もある。

それらに対して、なぜ私が的確な手が打てたのか。

それは、それぞれの業界の「利益モデル」、
つまり「利益を出す仕組みのパターン」に焦点を当て、
改善を考えたからなのです。

実は、「利益モデル」の数はそんなに多いわけではありません。

もちろん、時代の変化により、
新しいモデルも次々に生まれてきてはいますが、
「効果が高く実証済みの利益モデル」はせいぜい数十個です。

そして、実は異なる業界でも、同じ利益モデルを使っているケースは多いもの。

いわば、色々な業種に応用可能な、ビジネスの勝ちパターンが存在します。

具体的に説明しましょう。

いきなりですがここで問題で

一見、共通点があるように見えませんよね。

・・・実はこれ、「利益モデル」、つまり、
利益を生み出す仕組みが同じなのです。

プリンタは、量販店に行けば1万円以下で
手に入るものも少なくありません。

ところが、インクが切れてトナーを買おうとすると、
1式そろえると何千円もしませんか?

「インクトナーを含めたプリンタ本体は1万円以下。
 トナーだけで何千円もするのは、納得いかないな」
と思われたことはないでしょうか?

からくりはこうです。

プリンタをつくっているメーカーは、
一度本体を使ってもらえれば、決まったインクトナーを
使い続けなければならないことを理解しています。

だから本体を安く売っても、高額なインクトナーの
買い替えによって利益を得ているのです。

高層ビルのエレベーターも同じです。

エレベーターの会社が利益を上げているポイントも、
実はエレベーター機械の販売ではなく、その後の定期的な
メンテナンス作業(契約)なのです。

一度エレベーターを入れてもらえば、
エレベーター自体を交換される恐れはまず数十年はありません。

だから、メーカーが決めた業者(つまり、メーカーの子会社や、関係会社)に
保守点検を依頼し続けることになります。

また、保守点検は本体価格に比べてそれほど高い訳ではないので、
値引きを求められることも、それほどはありません。

ずっと定期収入が入り続ける

同じような利益モデルを採用しているビジネスの例として、

・コピー機 → トナー
・カミソリ → 替え刃
・ゲーム機 → ゲームソフト

等が挙げられます。

これを「一度使い始めてもらえば
(インストール=導入 してもらえば)、
ずっと定期的な収入が入り続けるモデル」ということで

「インストールベース利益モデル」と言います。

最初に本体を売り(インストールしてもらい)、
消耗品を売り続けることで利益を最大化する。

一見まったく異なるビジネスでも、利益の源泉を
たどっていけば、同じ「利益モデル」を応用しているものが
限りなくあるのです。

実は成功している会社、大きな企業ほど、たくさんの
利益モデルを意識して応用することで、自社のビジネスを
構築していることが、研究により分かっています。

つまり、こうした「利益モデル」の存在を知り、
使い方を理解して、応用できれば、あなたの会社の業績を
明日から改善することも可能となるのです。

では、「利益モデル」は、いくつ存在するのでしょうか?

実は、経済界の世界的権威が、この「利益モデル」を
23個にまとめあげています。

プロフィット

実は、利益改善を求められるコンサルタントに、
密かに語り継がれている、「利益改善のバイブル」、
いわゆる「タネ本」とされる本が、あります。

利益を生み出す「23の秘訣」を述べた名著の誉高い

ザプリフィット

著者のエイドリアン・スライォツキーは、
経済理論とマネジメントを専門とするコンサルタント、著述家。

収益性と成長についての研究で知られ、
「ビジネス・デザイン」や「ビジネスモデルのイノベーション」
という概念を提唱した先駆者でもあります。

そしてこの本こそが、多くの有名コンサルタントも、ひそかに参照している
と言われるもの。

本には、「利益モデル」が23種類紹介されており、
それをあなたの会社にうまく適用できさえすれば、
大きな利益の改善が見込めることは間違いありません。

しかし、残念ながらこの本には、個人で扱うには
大きなハードルがあります。

 ・本の中で解説が不足しているモデルがいくつかある

 ・ストーリー仕立てのため、ポイントがわかりづらい

 ・登場する会社がなじみのないアメリカの企業

 ・各パターン同士の関係性がわかりづらい

確かにこの本のストーリーは面白いのですが、
ストーリーであるがゆえに、個人が一読した程度では、
自分のビジネスに活かすどころか、理解することも
ままならないのが現実です。

そうすると、こんな質問が出てくるのではないでしょうか?

利益モデルは本当に私の

あなたは言うかもしれません。

「なるほど、『利益モデル』というものは、
 なんとなく分かりました。でも…」

・自分一人で理解できるのか、使いこなせるのか?

・どうやれば、自分の会社に当てはめられるのか?

・自分の業種、会社に当てはめられるのかを、どう判断するか?

・利益モデルを当てはめるときの注意点は?

・利益モデルの効果的な使い方は?

少し考えてみただけでも、いろんな疑問がわいてくると思います。

利益モデル

これが分かっていれば、これほど強力なツールもないのですが、
実は使いこなすのは、正直慣れていないと難しいものです。

だからこそ私は、「利益モデル実践塾」という塾を開講し、
塾長として、コンサルタントとして、
多くの経営者の利益アップを手助けしてきました。

この塾では、1年間をかけて(前期で半年、後期で半年)、
23の利益モデルを解説し、いかに自分のビジネスに
落とし込むかをお伝えてしていたのです。

この講座は非常に好評であり、成果を上げた方も
たくさんいらっしゃいました。

継続を望んでいただく声もたくさんいただいています。

しかし、1年間をかけてやる方式は中止させていただきました。

なぜなら、他でもない私自身が、他にたくさんの
ビジネスやコンサルティングを手掛けているため、
開催の目処が立たなくなったこと。

そして、忙しい起業家や経営者の方が、
全ての会に出席する事が困難であったこと、が原因です。

しかしこの利益モデルを世に広め、多くの人のビジネスを
成長させるお手伝いは続けたい。

そこで新たに開発したのが、この利益モデル設計 ライブ・コンサルティングなのです。

利益モデルコンサルティング

今回のライブ開催にあたり、1,000名を越えるカウンセラーやコーチを
育成支援した経験から、「心と頭の使い方」をベースにした
講演・研修活動を行っている、
アイネスト株式会社 代表取締役 倉橋竜哉様より推薦の声をいただいています。

推薦者の声

過去の利益実践塾

受講者の声



得られるメリット

[check] 50業種の利益改善実績のある敏腕コンサルタントから、明日からあなたの会社の利益を改善する答え、アドバイスを、直接もらえる

[check] 効率良く利益モデルを吸収し、自分のビジネスをどう改善すればよいかが、具体的に分かるようになる

[check] 他の人の適用例を聞くことで、どう利益モデルを使いこなせばいいかが分かる

[check] たくさんの利益モデルの中から、自分にぴったりのモデルを選択し、マッチさせられる

[check] たくさんの利益モデルを学習/検討する中で、新たな利益を生むビジネスを発見できる

[check] 異業種の方と議論し、まったく違った角度から、自分のビジネスを見直し、進化させることができる

[check] これから進出すべき分野、手を組むと良い相手のいる分野が分かる

メリットはわかりました

講座に参加する前に、そう言われる方もたくさん
いらっしゃいますし、あなた自身も不安かもしれません。

ただ、参加頂いた方からは、
「こんなアイデアがあるなんて!」
「楽しかった」
「面白かった」
という感想をたくさんいただくことができています。

その秘密は、「ワールドカフェ方式」という
講義の進め方です。

これは参加者が、リラックスしてオープンに建設的な
話し合いを行えるように、様々な工夫を凝らした空間で
ワークを行う方式であり、その結果、思いもよらなかった、
クリエイティブなアイデアが出るのです。

クリエイティブなアイデアは、リラックスした
楽しい空間からしか出ません。

是非参加者同士でワイワイガヤガヤと楽しく
話しているうちに、アイデアが磨かれていく空間、場を、
楽しみにしていてください。

わきあいあい


講師プロフィール

永井

永井 堂元(ながい たかゆき)
利益モデル実践塾 塾長、経営コンサルタント

神戸市生まれ。東京大学法学部卒業。

洋画販売会社に7年勤務。外国映画のバイヤーと商品企画にたずさわり、 大ヒットの韓国映画『私の頭の中の消しゴム』や『PSアイラヴユー』など23作品で、のべ1200万人に感動を運ぶ。

映画界で確立されたマーケティングや宣伝の手法と、『ザ・プロフィット』で検証された利益モデルを組み合わせた実践的な内容により、参加者のビジネスに着実な変化を生んでいる。

既に4期目に入る、岐阜県・多治見市での「経営者実践塾」では、

「自分の事業に生かせる新たな利益モデルを発見できた!」
「経営者としての総合力が上がった!」
「業界では非常識と言われた●●利益モデルで+1500万円の新しいビジネスを構築できた」

など、喜びの声多数。

参加費用

利益モデル設計 ライブ・コンサルティングに参加していただき、
実際に行動していただくことで、あなたの利益が何十万、何百万円、
場合によってはそれ以上アップすることもあるでしょう。

それでは、この講座の費用はいくらが妥当なのでしょうか?

「利益モデル実践塾」の参加費用は、半年分が、
各1.5時間×6回の計9時間で、15万円でした。

つまり1年間だと、30万円になります。

ここには、受講者に対する個別コンサルは付けて
いませんでしたが、それでも多くの経営者に満足いただき、
実際に成果をあげていただきました。

また、私が直接コンサルティングを請け負う場合、
単発であれば1時間3万円、継続契約であれば
最低でも20万円のフィーをいただき、
それ以上のリターンを返せるようにしています。

このライブ・コンサルティングは
10:00~19:00の、8時間の講座であり、
私から直接アドバイスを30分受けられる
セッションも設けます。

したがって最初は、定価を10万円にしようとしていました。

しかし、このライブは、日々の仕事を、夜遅くまでがんばっていても
今思うように業績をあげられず、悩んでいる企業家や、
もう少し経営に余裕を出して、もっと多くの人を幸せにできる
打ち手を考えたい経営者の方のためにつくったものです。

そこで、このライブの価格を半額以下に大幅ディスカウント。
49,700円(税込)に設定させていただきました。

そしてさらに!

毎日利益モデルのことを勉強いただいている、
メルマガ会員の方は、価格を35,000円(税込)といたします


「自分の事業に生かせる新たな利益モデルを発見できた!」
「経営者としての総合力が上がった!」

利益モデル実践塾に参加された、起業家、経営者の方々からいただいた声です。

あなたもこの仲間入りをしませんか?

今回限りのご提案

「23の残りの利益モデルのうち、7つ以外のものは?」

とあなたは思われるかもしれません。

その通り。
利益モデルを知っていればいるほど、キャッシュを生み出すポイント、
ビジネス上の選択肢は飛躍的に増えていきます。

そこで、この講座に参加いただいた方には、
実際に32,400円で実施した、23の全ての利益モデルの
「振り返りダイジェスト講座」で使用したシートを
特典として差し上げます。

特典

このシートには、各利益モデルの解説や留意点、
具体例等を記載してあります。

ただし、今回の特典、この条件での講座提供は、
予告なく取りやめる可能性もあります。

今すぐに、このページの下からお申込ください。

希望者全員が

なぜなら、参加者全員にしっかりとアドバイスするために、
一人30分の時間をかけるから。

すると7名で、30分×7名=3時間半の時間がかかります。

1日のライブの中ではこれが限界。
参加生全員に、利益改善の「答え」を持ち帰ってほしいため、
7名限定の募集となります。

私の実施してきた「利益モデル実践塾」講座を受講し、
業績を伸ばしている起業家、経営者はたくさんいます。

ビジネスを成長させ、大きな利益を得られるようになったことで、
自分の仕事を見直し、社長業に専念できるようになった方、
新たな出会いを得た方、従業員を雇用して社会貢献を
されている方などがいらっしゃるのです。

次はあなたの番です。
チャンスはわずか7名だけ。

今すぐ下記からお申込下さい。

福岡開催 決定!

日時:2015年10月4日(日) 11:00~18:00

場所:福岡 博多駅周辺 セミナールーム
  (場所は参加者に、別途お伝えいたします。)

参加費:49,700円(税込)/事前振込のみ


お申込み,80%

お名前(姓、名)*
メールアドレス*
当日連絡できる電話番号*
入力必須
参加する回
会社名
(法人名で領収書が必要な場合、必ずお書きください)
紹介者名
(いる場合のみ)
ご意見、ご質問等

<ご注意>
お申し込み後、自動返信がされます。ただしhotmail等のフリーメールでお申し込みの場合、自動返信が届かない可能性がございますことをご了承ください。

特定商取引法の表示
個人情報保護方針



a:1056 t:1 y:1

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM